不眠症対策になる快眠グッズ

不眠症というのは体の中から改善することが一番重要ですが、
眠る時に使うグッズもなるべく快眠できるものに揃えることも
一つの改善方法になります。

熟睡出来る方法

というのも、外からの刺激などで感覚的に不快であれば、
やはり眠りにくい状況につながってしまい、
逆に快適であれば気持ちのリラックスにもつながります。

特に、枕、敷ふとん(マットレス)というのは、体が直接支えられるものなので重要です。

変えるなら、この2つ両方か、どちらかがいいですね。

「この際、寝具をいいものに変えてみようかな」
と思っている方はぜひ参考にしてみてください。

【快眠のための枕】

人間は一人ひとり頭の形や首のカーブの度合いなどが違いますので、
自分にピッタリと合う枕を探すということはなかなか難しいです。

また、寝るスタイルも『仰向け』『横向き』『寝返り』と人それぞれ。

出来ればどんな体勢の時でも快適さを保てる枕が良いですよね。

例えば、高さを調節できるものや首や肩の負担が少なくなるタイプの枕を選ぶと良いです。

もし、あなたが横向きも仰向けも両方の体勢で眠るタイプなら、
『六角枕』という人気の快眠枕がおすすめです。

ただ、値段はそれなりにするので公式サイトで確かめてみてくださいね。

▼横向きになっても仰向けでも快適さをキープできる枕▼


枕と同等か、それ以上に快眠のために重要なグッズが敷布団です。

この敷布団がいいものかあまり良くないものかで、腰痛になるリスクや
体のこり具合が変わり、起きたときの疲れ具合が変わるものです。

若い時は何でも良いかもしれませんが、40代も過ぎれば敷布団には
ある程度のものを使いたいと思うものです。

大きなものだけに安いものではないですが、シングルで5万円くらい
ダブルで6万円~7万円は普通にすると考えたほうが良いグッズです。

こちらもそろそろ変えようかなと考えているのなら、
ぜひ厳選して変えて、質の良い睡眠に役立てたいものです。

種類は本当に様々あるので、いろいろ調べたほうが良いですが、
一つの参考にこのような科学的に体に優しい布団があるので
比較対象にしてみてはいかがでしょうか?

▼体圧分散の常識を覆した製法「クロスクラウド式」採用の敷布団▼


最後に、夜、スヤスヤと眠りに入れるようにするには、
『朝起きた時に太陽の光を浴びて体内時計を正常化するのが良い』
聞いたことはないでしょうか?

その特性を活かした目覚まし時計があるんですね。

音ではなく、太陽と同じ明るさで目をさますことができて、
その習慣が夜の眠りのリズムを作ってくれるという
不眠症の改善にも繋がる目覚まし時計なんです。

「朝がすごく苦手!」、「朝寝坊が多い(汗)」という方は
かなり試す価値があるようです。

▼寝坊も朝の辛さもなくなる目覚まし時計▼


どうでしたでしょうか?

いずれもそれぞれで人気の商品をご紹介しましたが、興味を感じるものはありましたか?

寝具というのは人生の3分の一近くを過ごすための大事なグッズですので
なるべく良いものを選びたいですよね。