眠れない時に効果的な呼吸法とは?

眠れない日が続いているとき、あなたはどう過ごしていますでしょうか?

パソコンやスマホをして時間つぶしをしたりしていませんか?

それは脳を活性化させてしまい自律神経を交感神経優勢にしてしまい
かなり逆効果になってしまいますよ。

眠れない時は、気持ちをリラックスさせて自律神経を
副交感神経優勢にしてあげることが大切なんです。

ではどうすれば良いのでしょうか?

瞑想をしてみたり、アロマオイルを焚いてみたりして
リラックスを心がけることがおすすめです。

その時にとても大切なのが呼吸法なんですね。

単純に深呼吸を繰り返すだけでもある程度の効果が期待できますが、
もっと良いのがヨガなどで行うような腹式呼吸方法です。

腹式呼吸は息を吸う時に胸ではなくお腹が膨らみ、
吐く時にお腹が引っ込むようにする呼吸法です。

その時に効果的に自律神経を副交感神経優勢に導くコツとして
以下の流れで呼吸すると良いでしょう。

1.ゆっくりと鼻から息を吸いながら4秒間吸い続けます。
この時に口は閉じておいたほうがやりやすいです。

2.息を止めたまま7秒間数えます。

3.最後に、吸う時よりもさらにゆ~っくりと息を少しづつ
8秒間かけて吐き出していきます。

この流れを複式呼吸で行うと、だんだん脳がリラックスしていきます。

「本当にこんなことでリラックスできるの?」

と半信半疑の人も多いと思いますが、実際にやってみるとよく分かりますよ。

ただ、1回だけするのではなく繰り返しリラックスするまで行ってください。

だんだん緩やかーな気持ちになっていきます。

この時に余計なことは考えないで、息のリズムをカウントすることだけに集中すると良いです。

私の場合は「脳のスイッチを切ります」と繰り返して頭で念じると
スゴく早くリラックスすることが出来ました。

ただ、普段から不眠が続いていて、すでに精神的にもヘトヘトの場合は
効果も半減してしまうので睡眠サプリメントを上手に使うと良いですよ。