不眠症になりやすい人の特徴やなりにくい人との違いなどについて

不眠症の原因というのは様々で一つに絞ることが出来ませんが、
“自律神経の乱れ”ということが大きく関わっています。

自律神経とは精神や人間の活動のコントロールを司る神経で、
主に身体と脳を活動的に行動的に向かわせるのが『交感神経』、
そして逆に心身をリラックスさせて回復のために休ませることに向かわせるのが
『副交感神経』となります。

それぞれが『動』と『静』の関係で、人間が幸せに健康に生きるためには
この両方がバランス良く働くことが必要です。

しかし、現代の生活リズムの変化、つまり

・何でも24時間OPENになり、昼と夜の区別がつきにくくなっている

・不景気で一人あたりの労働配分が増えて身体が疲れている

・SNSの普及などでコミュニケーション方法が変わり対人ストレスが増えた

・常にスマホを触っていて脳が刺激され続けている

などが自律神経の乱れを及ぼしていることもあります。

さらに昔の社会よりも、働く時間や家庭内で働く人数が増えたため、
家庭での温かいやり取りや人間づしのつながりが希薄になったりと
何かとリラックスする機会も減っています。

そのような社会の変化の中で、自律神経が乱れやすくなっている上に、
さらに乱れやすい人の特徴というのがあるので当てはまるかチェックしてみてください。

□仕事が終わっても切り替えができずに家庭でも思い出すことが多い

□何か嫌な事が起きた時に人のせいにしないと収まらない

□誰かとつながってないと寂しくてたまらない

□いつも何かに不安を感じている

□あまり運動をしていない(慢性的な運動不足)

□「ありがとう」とあまり言っていない(いつも何かに不満)

□自分で何かをやるよりも人にやってほしい

どうでしょうか?

この中に該当する項目が多い人は要注意です。

少しのことでも自律神経を乱しやすいので、セロトニン不足に陥りやすいです。

いつも熟睡できていない感じはありませんか?

早めにサプリメントなどで対策を取りましょうね。

また、「全ての行動を自分の責任と考えるようにする」
ということにすれば、どんどん良い方向にも向かっていきますよ。

参考にしてみてください。