現代人のDHA不足と不眠症の関係性とDHA補給により不眠の解消について

昔の日本人は、地で採れるものしか食べられませんでしたので
肉よりも魚のほうが多く食されていました。

2016y10m17d_223947009

それが日本人の体質に合う食事なのですが、輸入品が安く手に入ったり
食生活の変化などから、どんどん魚を食べることが減ってしています。

魚、特に青魚には『DHA』というとても大切な栄養素が多く含まれていますが、
魚食が減っている日本人はあまりDHAも補給できなくなってきています。

2016y10m17d_223832597

厚生省では、健康に過ごすための目安として、『一日に1000mgのDHA摂取』を推奨していますが、
実際のところ、成人したばかりの青年層では実に推奨値の5分の1である『200mg』
比較的魚を食べる高齢層でも『500~600mg』と基本的に不足しているんですね。

このDHA不足が不眠症に関係しているかということは・・・
まだ解明されていません・・・が、

DHAを補給することで不眠症の改善につながるということは研究されて結果も出ています。

これを逆に考えた時に『DHAが十分であれば不眠にはなりにくい』
=『DHA不足が不眠症にも関係している(かも)』と考えられますよね。

■DHAの補給がつらい不眠症の改善につながる訳とは?

このDHAと不眠症改善についての研究は『欧州睡眠学会専門誌Journal of Sleep Research』
に掲載されていたもので、362名の児童に対して、DHAの摂取と睡眠の質について調べた結果でした。

日本語で詳細を確認するにはマイナビニュースの記事で知ることができます。

以下に引用文を掲載しますね。

<引用:マイナビニューステクノロジー>
DHAを補給した学齢期の児童は睡眠持続が向上する!? – オックスフォード大

オランダRoyal DSMは3月10日(米国時間)、同社グループ会社であるDSMニュートリショナル・プロダクツが助成する形で実施された英国オックスフォード大学の研究チームによる研究の結果、長鎖オメガ3、特にDHA(ドコサヘキサエン酸)を補給した児童群は、連続的な睡眠を中断する短い時間帯でる「覚醒エピソード」が7回減少し、睡眠持続時間も一晩で58分延長される結果を得たこと、ならびに親による評価をもとに、良好な睡眠が取れているとされる児童ほど血中DHA濃度が高い可能性があることが示唆されたと発表した。

同成果の詳細は、欧州睡眠学会の専門誌「Journal of Sleep Research」に掲載された。

今回の研究は、英国オックスフォードシャー州の公立学校から募集した、読解力が標準以下の7~9歳の児童(362名)を母集団とし、1日600mgの藻類由来DHAを16週間補給した児童群では、トウモロコシ/大豆油のプラセボを補給した児童群に比べて睡眠が改善されるかを確認することを目的に実施された。

「アクティグラフィ(休息-活動サイクルの非侵襲的測定法)」と親が記入した児童の睡眠日誌を基に、無作為に抽出した43名の児童の睡眠パターンの客観的評価を実施。アクティグラフィでは、「入眠時刻と起床時刻」、「睡眠持続時間(分)」、「入眠してから起床するまでの覚醒時間(分)」、「睡眠効率(就床時間に対する総睡眠時間の割合)」、「睡眠潜時(入眠するまでにかかる時間(分))」、「入眠後の覚醒回数」の各変数について5晩にわたり測定をしたところ、臨床試験では睡眠に関する測定値に有意な効果は示されなかった一方、藻類由来DHA 補給児童群のアクティグラフィ測定結果では、プラセボ群よりも覚醒エピソードが平均で7回少なく、一晩あたりの睡眠時間も58分長くなったことが、親への「Children’s Sleep Habits Questionnaire(CSHQ:子供の睡眠習慣質問票)」を用いたアンケート調査から判明したとする。

また研究では、参加児童(395人)の大規模疫学サンプルを用いて、指先穿刺で採取した血液サンプルの血中脂肪酸濃度とCSHQによる主観的睡眠評価との関連性についての分析も実施。親や保護者に、標準的な1週間の児童の睡眠習慣を45項目にわたって3段階で評価してもらったところ、40%の児童に臨床レベルの睡眠障害のあることが判明したほか、血中DHA濃度が高いほど、寝つきの悪さ、睡眠時異常行動、睡眠障害全般といった問題が少なく良好な睡眠を取れているという有意な関連性が確認されたとする。さらに、DHAと長鎖オメガ6脂肪酸である「ARA(アラキドン酸)」の割合が高いほど、睡眠障害が少なくなるということも確認されたとする。

ちょっと難しい表現なので、DHAが不眠症改善に良いという事を簡単に要約すると

・セロトニン(メラトニン)不足が深く関わっている不眠症ですが、
DHAを摂取することでセロトニンのような神経伝達物質の効率を上げてくれて、
不足気味の状態でも神経的に精神的に安定した状態へ導きやすくなる。

ということなんです。

DHAが「うつ病の改善に良い」とされているのも、これと同じ原理です。

不眠症の改善にセロトニンの分泌量を増やすための栄養素を摂取るほう法もありますが、
こちらは不足しがちなセロトニンの効率を高めて自律神経などの
バランスを正常化させて、熟睡しやすい状況へ改善するということですね。

こちらのサイトでご紹介している、人気の不眠症改善サプリメントの3位にも
このDHA補給ができる商品がありますので、参考にしてみてくださいね。