眠れないという不眠症に聞く?自律神経の安定に効果的な呼吸法とは?

眠れない日が続いているとき、あなたはどう過ごしていますでしょうか?

パソコンやスマホをして時間つぶしをしたりしていませんか?

それは脳を活性化させてしまい自律神経を交感神経優勢にしてしまい
かなり逆効果になってしまいますよ。

眠れない時は、気持ちをリラックスさせて自律神経を
副交感神経優勢にしてあげることが大切なんです。

ではどうすれば良いのでしょうか?

瞑想をしてみたり、アロマオイルを焚いてみたりして
リラックスを心がけることがおすすめです。

その時にとても大切なのが呼吸法なんですね。

単純に深呼吸を繰り返すだけでもある程度の効果が期待できますが、
もっと良いのがヨガなどで行うような腹式呼吸方法です。

腹式呼吸は息を吸う時に胸ではなくお腹が膨らみ、
吐く時にお腹が引っ込むようにする呼吸法です。

その時に効果的に自律神経を副交感神経優勢に導くコツとして
以下の流れで呼吸すると良いでしょう。

1.ゆっくりと鼻から息を吸いながら4秒間吸い続けます。
この時に口は閉じておいたほうがやりやすいです。

2.息を止めたまま7秒間数えます。

3.最後に、吸う時よりもさらにゆ~っくりと息を少しづつ
8秒間かけて吐き出していきます。

この流れを複式呼吸で行うと、だんだん脳がリラックスしていきます。

「本当にこんなことでリラックスできるの?」

と半信半疑の人も多いと思いますが、実際にやってみるとよく分かりますよ。

ただ、1回だけするのではなく繰り返しリラックスするまで行ってください。

だんだん緩やかーな気持ちになっていきます。

この時に余計なことは考えないで、息のリズムをカウントすることだけに集中すると良いです。

私の場合は「脳のスイッチを切ります」と繰り返して頭で念じると
スゴく早くリラックスすることが出来ました。

ただ、普段から不眠が続いていて、すでに精神的にもヘトヘトの場合は
効果も半減してしまうので睡眠サプリメントを上手に使うと良いですよ。

あなたも自宅で手軽に出来る爪もみという不眠解消法とは?

誰でも一度は感じている不眠という悩み。

ちょっとした不眠の時に手軽に解消できる方法があれば試してみたいと思いますよね。

じつは、色々解消方法はあるんです。

その中の一つ『爪もみ』という方法についてご紹介しますね。

爪もみとは、神経繊維が集まる爪の生え際を揉んで、
自律神経のバランスを整えるという健康法なんです。

また、血液の循環も良くしてくれるので肩こりから耳鳴りまで
さまざまな不調の改善にもつながってくれるんです。

自律神経がバランス良く整えば、自然と安眠にもつながります。

では爪もみのやり方ですが、

・薬指以外の4本の指の爪の“生え際”を両サイドから揉みます。
(薬指はリラックスではなく興奮させる神経があるため)

・1本の指につき、だいたい10秒位の時間でいいでしょう

・強さはあまり痛みを感じない程度、揉んで気持ちいい程度で揉む

という簡単なやり方です。

お風呂あがりや寝る前に少し時間を作って揉んであげましょう。

この爪もみにより、自律神経のうちの『副交感神経』が優位の状態を作り出し、
いわゆる心をリラックスさせる状態にしてくれます。

眠れないなどの不眠の原因は、何かしらの原因で自律神経が乱れてしまい、
眠りたい時に脳が興奮状態にあり、浅い眠りが続くことにあります。

さらに、爪もみと同時に腹式呼吸を取り入れるとさらに効果がアップします。

爪もみの効果は、人によっては揉んですぐに感じる人もいますが、
最近不眠だなと感じていれば、続けて行っていきましょう。

すぐに感じなくてもだんだん不眠が改善しますくなりますよ。

それでも改善しない、深い不眠症なら、トップページの解消法を参考にしてくださいね。

>>トップページ

夢ばかり見る人が熟睡できるための解消法『爪もみ』とは?

夢ばかり見てしまって、目覚めもスッキリできず、
ずっと疲れが残ったようにダルさが取れない睡眠を続けていませんか?

それもすでに不眠症の症状となっていて、そのまま不眠が続けば
体調もどんどん悪くなり、集中力にも欠け、
他人とのコニュニケーションも上手く取れないなど、
日常生活にいろんな悪影響を及ぼしてしまいます。

そのような不眠の症状は『熟眠障害』といい、
自律神経機能のバランスが崩れていることから起きる不眠症です。

夢ばかり見てしまう気がするのは、あなたの眠りが浅い状態を続けているからで、
自律神経の『交感神経が優位』な状態が続くことで脳が休めていないからなんです。

眠って入るけれど脳が休息できないでいるので、
起きた時にも眠気が取れず、一日ダルさを感じるようになります。

その原因となるものは個々人の生活習慣や食習慣によっても差があるのですが、
大きな原因の一つに『ストレスがとても溜まっている』ということがあります。

ストレスを無くすということはほぼ無理な話ですが、
ストレスによって交感神経が優位な状態が続くことを
『爪もみ』という方法で解消することは可能なんです。

爪が生えている指先というのは、神経が集中している場所でもあり
爪の生え際を押しモミすることで効果的に自律神経のバランスを整えることができます。

さらに指先は内臓の働きとも密接な関係にあるので、
爪もみは自律神経のバランスを調整するだけではなく、
健康促進にも効果があるので、一石二鳥な方法です。

【爪もみのしかた】

基本的なもみ方は、爪の生え際を反対の手の親指と人さし指で
両側の横から揉んであげます。

ここで注意するのは、今回は脳をリラックスさせるため、
副交感神経を優勢にするために行うので、
交感神経を刺激してしまう『薬指』以外の指を揉んでください。

指一本につき、10秒から20秒くらいを一日2回くらいします。

あまり強くもみ過ぎるのではなく、少し痛いかな?という
『痛気持ちいい』下限でしてくださいね。

不眠の改善で行うので、ベットに入ってから深呼吸をして
ゆっくり順番に行うと質の良い眠りに入りやすくなります。

この爪もみでもあまり効果が期待できない場合は、
おそらくセロトニン不足が疑われるので、
トップページで紹介しているサプリメントを活用してください。

最初からサプリメントを使うともっと効果的に良い眠りにつけますよ^^

『仕事の夢ばかり見る』眠りが浅い人に共通の性格と改善法

夢ばかりみて熟睡できない人の多くに、
「仕事の夢ばかり見る」
という人は、とても多いですね。

それが続くと仕事の夢でなくても
仕事場の人が出てくる夢とか、とにかく仕事に関する夢ばかりみて
起きた後にも “ぐっったり” なんて日も多いのでは?

「ただでさえ仕事で忙しいのに、せめて睡眠はしっかりとりたい」
と思いますよね。

そう思っている人は、だいたい共通して、

“仕事のしんどさ、辛さを家まで持ち帰る”人たちです。

仕事場での気持ちのまま、家に帰ってしまうから、
常に仕事でまたつらい思いをするのでは・・・
あの人にまた嫌なことを言われるんじゃ・・・

などと、考えても仕方がないどちらかと言うと
考えないほうがいい事まで考えてしまうんです。

そういう人たちの事を、世間では“真面目な人”と言われますが、
そんな良いイメージでくくるから改善できないんですよね。

そのような評価は半分当たってますが、
実際のところ真面目と言うよりは、
単に“気持ちの切り替えが下手な人”なんです。

または、“いらぬ心配をいつまでもクヨクヨと考える人”です。

気に触ったらスミマセン。
でも単に悪口を言いたいわけではなく
自分の状況を正確に把握し改善してほしいと思うからこそです。

自分を知って素直に受け止めることで
改善されることは多くあります。

そういう人が、簡単に気持ちの切り替えが出来るとは思いませんが、
とにかく無理矢理でもいいんで、仕事場を出た瞬間から
違うことに思いを巡らせてください。

何か好きな音楽をすぐに聞くとか、
好きな作家を探して家に帰ったら読書に没頭するとか。

何もすることがないから、いらぬことを考えるのです。

そして被害妄想から気持ちを自分で追い込んでしまい、
いつまでもリラックス出来ず、脳が覚醒状態のまま
浅い眠りで夢ばかりみます。

あとそういう方の中で、寝る前のお酒に頼る人もいるかと思いますが、
アルコールを寝る前に飲んでしまうと余計に眠りが浅くなります。

アルコールというのは抜けるのが早く、
その抜けた時に脳がさらに抜けたものを欲してしまい
安らげずに覚醒してしまうんです。

中途覚醒と言い、眠っても眠りが浅いまま
途中で目が覚めてしまう症状です。

そんな経験ないですか?

お酒に頼るくらいなら、1ヶ月位このサプリを試すほうが
お酒より安くつくし、確実に熟睡・安眠できるようになりますよ^^

▼イライラや質の悪い睡眠から開放されるサプリ▼

この様な休息を促す成分を配合した天然成分のサプリなら
睡眠薬のような常習性はなく、
また日中のストレスの解消にもつながってくれます。

現代人の多くが抱える不眠やココロの不調には
必須のサプリメントになってくると思いますよ。

夢ばかり見ずに安眠を導くための5つの習慣!

夢ばかりみて熟睡できない人が、安眠しやすくなるために良い、
7つの事柄を集めてみました。

どれも比較的簡単な方法ですが、今までよりも熟睡しやすくなる
ために、是非試して欲しい事柄です。

①音
音も精神をリラックスさせる需要な要因。

自分にとって心地よい音楽で気持ちをリラックスさせることで、
質の良い眠りを誘うことが出来ます。

「自分の心地良くなる音楽が分からない」という方は、
試しに波の音や、モーツァルトなどを聞いてみると良いでしょう。

こんな専用の音楽もありますよね。

②香り
アロマで気持ちをリラックスさせる効果は有名ですが、
これも熟睡するために是非試してほしいもの。

香りの中には、逆に体を活性化させてしまうものもあるので、
選ぶ時には気をつけてください。

アロマキャンドル、アロマポッド、お香などが有名ですが、
ハンカチやティッシュにアロマオイルを染み込ませて(1~2滴ほど)
枕元においておくシンプルな方法でも効果はありますよ。

また、体に塗るマッサージオイルタイプも美肌効果とともに
効果が期待出来ます。

③光(ライト)
「眠るときは真っ暗にしないと眠れない」という人は、あまり関係が無いですが、
光の明るさや、色もリラックスすることに関係してます。

一般的には仄かに明かりがある方が、熟睡しやすいと言われてますが、
これは人によって様々です。

しかし、朝の目覚めを良くするためには、少し朝日が感じられるくらいに
光を通すカーテンのほうが、自然の力を借りて、良いリズムが作れます。

朝起きたら、体内リズムをリセットしてスッキリするために、
朝日を浴びるようにしましょうね。
④色
色については、寝る前に見る色の事になりますが、主に寝室の
配色になりますね。

例えば、枕カバーやベットカバー。

基本的には落ち着いた色が良く、青系の色は精神を冷静にしてくれて、
緑系の色はリラックス効果があります。

あまり派手な色合いや、チカチカしそうな色は寝室では避けたほうが
眠りやすくなります。
⑤飲み物
これはまず、避けたほうが良い飲み物から。

カフェインを多く含むものの代表として「コーヒー」は寝る前には
避けたいですし、他にも緑茶や紅茶、烏龍茶もあまり良くないです。

逆におすすめした飲み物は、「カモミールティー」。ハーブティーの一種
ですが、これは個人的にかなり寝やすくなりました。

その日のコンディションで違いますが、リラックス効果はかなり期待できます。
しかし、寝る直前などは避けてくださいね。

もう一つ、ホッとミルク。これも効果ありまして、乳製品の中の
カゼインというタンパク質が、ノンレム睡眠(深い眠り)を誘発する
働きのある“セロトニン”をたくさん含んでいるからです。

これも、眠る1,2時間前に飲むようにしましょうね。

寝付きが悪い人が注意すべき6つの悪癖!改善して質の良い眠りを

夢ばかり見てしまい、眠りが浅い人の中には寝付きから悪い人も多いのでは?

寝付きが悪いと、睡眠不足の朝のだるさが怖くて、余計に焦ってしまい、
ますます寝付けなくなります。

あなたが普段してしまっている、寝る前の行動が、
実は熟睡するための良い入眠を妨げていることも!

知らずに続けていると、どんどん睡眠の質が悪くなり、
睡眠障害から、健康にも深刻な被害を受けてしまう危険性があります。

睡眠の質を高めるために必要な「メラトニン」の分泌を妨げる
これから紹介する注意すべき行動を、今日から見直しましょう!

1,寝る前に運動をしてしまう
筋肉を鍛える“無酸素運動”は寝る3時間以上前までに、
ジョギングやウォーキングなどの“有酸素運動”なら
寝る2時間前までには済ませておきましょう。

運動した後の高体温のままだと、寝付きが悪くなります。
2,寝る前に食事をしてしまう
食事をすると、当然胃が消化のために働きます。
この時、血液が消化のために胃に集まるため、脳への血流が弱くなり、
眠さを感じてしまいますが、そのまま寝てしまっても
体が睡眠モードではないので、質の良い眠りにはなりません。

就寝の3時間前までには済ませることが理想。
3,コーヒー・紅茶・緑茶・烏龍茶などを飲んでしまう
言わずと知れた“カフェイン”が覚醒作用を起こしてしまいます。
4,熱いお湯でお風呂に入る、シャワーを浴びる
入眠しやすく、熟睡するために調度よい温度は38℃くらい。
40℃以上になると、“交感神経”が優位になり覚醒状態になるため、
とても寝付きにくいです。

お風呂はぬるま湯でゆっくり、芯から温めるのが理想。
5,寝る直前に歯磨きをしてしまう
これは結構している人、多いのではないでしょうか。

朝、歯磨きをするとスッキリしますよね。
これは歯茎を刺激することで、リフレッシュ効果があるからです。

1時間前くらいには済ませるのが理想。
6,スマホの画面をみてしまう
これはもうほとんどの人がしているのでは?

画面のブルーライト(LED=発光ダイオード)が、目を刺激して、
これも交感神経が優位になり、体が覚醒状態に。

メールを見ることで、仕事や人間関係のことを考えてしまうのも、
その後、夢に影響するし、脳が活性化してしまいます。

これが現代人の睡眠障害の大きな原因の一つでもあるので、
これから止めていきましょう!