熟睡できない方が選ぶべき安眠枕とは?

睡眠時間は取れているのに夢ばかり見たり、途中で目が覚めたりで、
起きた時に疲労感が取れていない質の悪い眠り。

これは、いろんな要因が考えられるため、枕を変えてみるというのも
一つの解消法になることがあります。

私も不眠に悩んでいた一人でしたが、枕を当然変えてみました。

安物買いで効果がなければ結局使わなくなり、
お金をドブに捨てたようなものなので、
生き金を使うためにもちゃんとした安眠枕の中から選びました。

質の悪い眠りの解消で枕を選ぶときは、

●寝返りがスムーズにうてて横向きでも疲れないもの

●枕自体がストレスになるようなものは避ける

●体全体をリラックスに導くもの

がポイントになります。

注意が必要なのは、外国製のもので日本人の体型に合わないものです。

出来るだけ日本製にするほうが無難ですよね。

そのようなポイントを満たす中から私が選んだのは、
体温にもこだわって作っている『六角脳枕』というものでした。

これは頭の温度を冷やしてくれて、それにより頭への血流を安定させ、
足の先まで血液の循環を良くしてくれるので、寝つきやすい状態ができるという枕でした。

血液の循環が良くなるということは、老廃物の除去も良くなり、
また体全体へ栄養素も循環し、細胞の修復も良くなるということです。

疲労感が一番取れそうな構造だったので、これに決定しました。

使い心地は、呼吸がしやすくなったし、首周りのストレスも感じなくなったので、
肩こりや背中の痛みも感じなくなっていきました。

睡眠については、よく眠れるようになり、夢もあまりみないようになったと感じてます。

一応公式ページをご紹介するので、気になればチェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

▼首がスゴく楽になった六角脳枕の公式ページ▼