毎日夢を見て熟睡できない原因になる自律神経の乱れとは?

毎日睡眠時間は足りているはずなのに、目覚めがスッキリしない
そんな熟睡できないという不眠の症状は自律神経のバランスが乱れ
交感神経が優勢な状態で脳が興奮状態のためリラックスできず、
休息できない状態にあるんですね。

このような『夢ばかりみて熟睡できない』という不眠の改善方法は
トップページでご紹介していますが、こちらのページでは
その原因になっている自立神経の乱れについて説明したいと思います。

【自律神経とは?】
自律神経とは、呼吸器・循環器・消化器など人間が生きていくために必要な活動を
24時間休まずに調整し続けている神経のことです。

主に昼間などの体が活動している時に優位な状態になり、活発な行動を促す交感神経と
主に夜などの人が眠る時、カラダを休める時に優位な状態になり、
脳のリラックスを促す副交感神経という2つの神経がバランス良く
リズムを調整する働きがあります。

この2つのバランスが乱れると、休まないといけない時に脳が興奮していたり
活動したい時に脳が虚ろな状態になったりと日常生活に支障をきたすんです。

また、体の器官の調整も乱れてしまうので、体調も崩すことになってしまいます。

【自律神経の乱れとは?】

自律神経の乱れは主にストレスが原因となり起こると言われています。

『ストレス』は言い換えると『我慢すること』とも言えます。

人間は理性を持つ動物で、本来言いたいことややりたいことを我慢して、
感情を抑えたり不快な思いを抱えたまま過ごすことも多いです。

自律神経は本能や感情をつかさどる『大脳辺縁系』の影響を受け、
この大脳辺縁系は、理性をつかさどる『大脳新皮質』の影響を受けています。

あまり我慢を続けていくと、これらの情報伝達がごちゃごちゃになり
最終的に影響を受ける自律神経にも乱れが生じることになるんです。

このように、現代社会では多く見られる『我慢』の毎日は
不快感や不安感をあおり、交感神経ばかりが刺激され、
安定的なリズムを刻むことができなくなってきます。

そのため、眠る時間になっても交感神経が優位のまま脳が活性状態で
浅い眠りばかりが続くという不調が出てしまいます。

このような不調の改善方法はぜひトップページで確認してくださいね。